根尖性歯周炎のデッドライン

根っ子の先が化膿=根尖性歯周炎

※根尖性歯周炎についての詳しい内容はこちらのページを参照

上記リンク先で詳細説明をさせて頂きましたがこのページでは

「歯を残したままの治療」が不可能になるまで放置された

症例をご紹介させて頂きます。

ここまでの症状になるとほとんどの場合、

・歯茎にできものができる
・歯茎がら膿が出る
・噛むと痛い
・歯が浮く感じがする
・頭痛がする

といった異変が現れます。

ここまで膿が大きくなると抜歯以外の治療が不可能となり、

インプラント・入れ歯・ブリッジの3択になってきます。

すでに違和感があったり過去に治療を行ったことのある方も完治していないケースもあります。

少しでも心当たりのある方はこのような口腔内環境に陥る前に当院までご相談下さい。

保険内治療が不可能な症例写真(根尖性歯周炎)

正面から
縦断面から
断面
軸位断(上部から)

嚢胞(のうほう)摘出術