根っ子の先が化膿してしまったら…。

根っ子の先が化膿=根尖性歯周炎

根尖性歯周炎とは根っ子の先が化膿する症状になります。他院では抜歯をしなくても良い歯でも抜歯を進められるケースもあるそうですが和歌山こまつ歯科では基本的に歯を残したまま治療することが可能です。

・歯茎にできものができる
・歯茎がら膿が出る
・噛むと痛い
・歯が浮く感じがする
・頭痛がする

上記内容に3つ以上該当する場合は根尖性歯周炎の可能性があります。
ご自身の症状が気になる場合や他院での抜歯を勧められて迷ってらっしゃる方はご相談下さい。

根尖性歯周炎の治療事例

根っ子の先や根管の奥深くで炎症が起きている場合や以前に受けた歯根治療で完璧な治療が行われていないなど、原因は様々ですが治療の難易度が比較的に高い症状になります。実際にお悩みになられている方が多い症状でもあります。

根管治療で使用される主な薬剤

・ホルマリン系

・フェノール系

・ヨウ素系

・抗生剤系

・水酸化カルシウム系

当院では無害かつ骨が吸収を行ってくれる為、水酸化カルシウム系の薬剤で治療を行います。


 

前歯4番の治療事例(根尖性歯周炎)

治療前
水酸化カルシウム系の薬剤での治療中
治療後

奥歯の治療事例(根尖性歯周炎)

治療前
水酸化カルシウム系の薬剤での治療中
治療後

前歯の治療事例(根尖性歯周炎)

右上2番 治療前
右上2番 治療直後
右上2番 治療後/再診