歯周病は感染します

厚生労働省の調べによると、日本人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。当院にも歯周病の患者様が多くいらっしゃいますが、歯周病は他人に感染する病気なのです。ですが、そんな歯周病も細菌から考え治療することにより、他人に感染するリスクを大幅におさえることができます。そのために、当院では位相差顕微鏡検査を導入しております。

細菌から考える歯周病治療

位相差顕微鏡検査とは

位相差顕微鏡は、歯周ポケットから採取したプラークを高解像度で観察することで、細菌の量や種類を調査できる電子顕微鏡です。この顕微鏡を用いることで、細菌に関してだけなく、炎症の状態も同時に調べることができます。
位相差顕微鏡で採取したプラークは、健康な状態であれば問題ありませんが、スピロヘーターや歯周病の原因となる桿菌(かんきん)が見受けられることもあります。こういった菌を排除していくことで、歯周病による感染のリスクを低減させることができます。

 

細菌がすごく活発で、口腔内の衛生環境が保てていない状態です。この状態ですと、歯周病になっています。

費用はかかりません

当院では、位相差顕微鏡による検査は歯周病治療の一環として行っておりますので、位相差顕微鏡を使用したからと言って費用が上乗せされるわけではありません。患者様の口腔内の状態をより明確に把握してこそ、歯周病治療の完治に一歩でも近づけると考えております。

位相差顕微鏡により調査したプラーク

歯周病は感染症?

当院では歯周病を感染症と考えており、歯周病治療に位相差顕微鏡を導入し、細菌レベルでの治療を行っております

歯周病治療の流れ

和歌山こまつ歯科の歯周病治療はCTや顕微鏡を使用し、歯周病の原因を特定します。ここでは、その流れを紹介します

虫歯や歯周病にならないために

歯周病が治っても治療は終わりません。歯周病や虫歯が再発しないように予防することも治療なのです

医院へのアクセス

土日祝開院。平日は21:30まで開院の和歌山こまつ歯科へのアクセス方法などはこちらから